ハロウィンの仮装で子供に手作りのドラキュラがオススメ!

ハロウィンの仮装で子供に手作りのドラキュラがオススメ!
この記事の所要時間: 941

ハロウィンでの仮装を楽しみにしているのは大人だけじゃないですよね。最近では、保育園や幼稚園でもハロウィンを行事に取り入れている所がほとんど。子ども達もウキウキワクワクしながらハロウィンを楽しみにしているはず。

そんな可愛い我が子のために、今年は手作りの衣装を作ってあげてみては?喜ばれること間違いなし!ここでは簡単にできるドラキュラ衣装の作り方をご紹介します。

スポンサードリンク

ハロウィンとは!?

ハロウィンとは!?今では当たり前の行事になりつつあるハロウィンですが、どんなイベントか知っていますか?子どもに聞かれた時に備えて、しっかり勉強しておきましょう!ハロウィンとは、秋の収穫を祝い悪霊などを追い出す宗教的な行事として行われたのが始まりです。

意味合い的には日本でいう「お盆」のようなものです。ハロウィンはキリスト教が起源と思っている方が多いですが、実は違います。ケルト人という民族がハロウィンの起源であり、キリスト教の「諸聖人の日」という祝日と時間帯が重なっていることや、ケルト民族がキリスト教の民族に取り込まれてしまったことなどにより、ハロウィン=キリスト教として広められてしまったようです。

現在ではそんな宗教的な意味も薄れ、「ジャック・オー・ランタン」を飾り仮装した子供達にお菓子をあげるお祭り的なものになっています。
ハロウィンとは!?ではよく飾られている「ジャック・オー・ランタン」にはどんな意味があるのでしょう。カボチャにはお守りという意味があり、カボチャの提灯には悪霊から守る番犬の役割があります。また、カボチャのロウソクには親族の霊の目印という意味合いがあります。

名前の由来については、アイルランドの物語がよくとりあげられているので、気になる方はぜひ調べてみてくださいね!
ハロウィンとは!?そして1番気になるのが、どうして仮装をするようになったのか。ケルト人によるハロウィンではお盆とは違い、死者の霊が家族に会いに来るだけではなく、精霊や悪霊も一緒に来てしまうと信じられていました。

悪霊は家畜や作物に悪い影響をあたえたり子どもをさらったりするものだと思われていたので、そんな悪霊を追い払うために仮面をかぶったり魔除けの焚き火をたいたりして驚かせようとしていたようです。それが今の仮装につながる理由なのだそうです。意外と奥が深いハロウィン!これだけ知っていればバッチリですね。

簡単ドラキュラになるための3ステップ

簡単ドラキュラになるための3ステップそれではハロウィンの仮装にオススメなドラキュラの衣装の作り方をご紹介します。ドラキュラになるための「マント」「帽子」「キバ」の作り方をマスターすればハロウィンはバッチリです!

マントの作り方

マントの作り方準備物

  • 布(長さはお子さんの身丈に合わせて調節してくださいね。肩からお尻が隠れるくらいがオススメです。仕上がりの長さプラス5センチを目安にしてください。)
  • リボンまたは紐

布はフェルト生地だと切ったりしてもほつれたりしないので楽ちんです。また布以外にもゴミ袋なんかを代用しても意外と可愛いマントになります。(上の画像はゴミ袋を使用しています。)
マントの作り方①まず布をちょうどいい大きさにカットします。長めに切っておくと後から調節できるので失敗せずに作ることができますよ。ゴミ袋を使う場合は底の部分以外を切って、大きな1枚のビニールを作りましょう。

②首元にくる部分の布を少しおり、端だけを塗って輪っかを作りましょう。(布で作る場合のみ)

③リボン(紐)を輪っかに通して完成です。ゴミ袋の場合は底の部分にリボン(紐)を接着剤などでつけて完成です。

針と糸を使わずに布でマントを作りたいという人は、布の両端に穴をあけてリボン(紐)をくくりつけるという方法もあるので、試してみてくださいね!
マントの作り方裏地を作れば、さらに本格的で凝った仕上がりになります。黒が基調ならどんな色を合わせてもオシャレになりますよ。
マントの作り方こんな風に飾り付けを一緒にすると、楽しさも2倍ですね!オリジナルなら自分の衣装にもより一層愛着が湧くはず。
マントの作り方襟元を長く作るとオシャレなイメージに。この場合は両端に穴を開けて作る方法を利用した方が作りやすそうです。
マントの作り方女の子ならカラフルにしたりテープやチュールなどで可愛く仕上げれば、喜ばれること間違いなし♡

帽子の作り方

準備物

  • フェルト布または画用紙
  • リボン(飾り用)

フェルト布で作る場合には糸、画用紙で作る場合にはテープが必要です。
帽子の作り方①まず帽子の上の部分を作ります。布(画用紙)をカットします。頭にかぶる部分を子どもの頭の大きさに合わせて、三角錐を作ってみてください。帽子の高さもお好みで調節してくださいね。

②円錐を作ったところを糸で縫い合わせます。画用紙の場合はテープで貼り合わせます。

③次に帽子のつばを作ります。②で出来上がった円錐をフェルト布(画用紙)の上に置いて、内側の型を取りましょう。外側の部分は好みの大きさで、目安は8センチです。ドーナツ型になるようにカットします。

④円錐の帽子の部分とつばの部分を、糸(テープ)でつなぎ合わせます。
帽子の作り方円錐を作るときにこんな風に切っておくとつなぎ合せやすくなります。

⑤糸(テープ)が見えないように、最後にリボンを接着剤や両面テープなどでつけて完成です。
帽子の作り方帽子があるだけでぐっとハロウィンらしくなりますよね。

スポンサードリンク

作ってみると意外とすぐにできちゃいます。しかも凝った風に見えるので、ぜひ挑戦してみてくださいね♪
帽子の作り方リボンをオシャレにすれば喜ばれること間違いなし。好きなリボンやシールで、オリジナルの帽子を作ってみましょう。
帽子の作り方帽子があることでシンプルな仮装も一段と豪華に!女の子にも男の子にも喜ばれるアイテムですね。

キバの作り方

準備物

発泡スチロールのトレー(ヨーグルトの入れ物でも代用できます。)
ハロウィン 牙 作り方プラスチックだと切り口でケガをしやすいのでオススメはできません。牛乳パックなどは、短時間なら代用できますが、長時間つけているとつばが染み込んでしなしなになってしまうので注意しましょう。トレーは薄めのものがオススメです。

①発泡スチロールをキバの形に切ります。
ハロウィン 牙 作り方②これを上の歯と唇の間に挟むだけ!

この方法だと、口に傷つくことがないので子どもにオススメです。
ハロウィン 牙 作り方キバがあるとより本格的な仮装になりますね!男の子は長め、女の子は短めがオススメです。長いほど強そうに、短いほどキュートなイメージになりますよ。
ハロウィン 牙 作り方キバを作るのは面倒くさいけど、子どもがキバを付けたがるんです!という人は、思い切って描いちゃうのもアリでは?顔にペイントなんて普段はできないことなので、ワクワクしてくれるはず。

どうでしたか?どれも簡単にできるので、初心者の方もぜひこの3つから挑戦してみてくださいね!子どもに飾り付けを任せれば楽ちんに可愛く、一緒に楽しく作ることができてハロウィンをより一層楽しめると思います。

女の子にオススメ!チュールスカートで可愛いドラキュラ衣装♡

女の子にオススメ!チュールスカートで可愛いドラキュラ衣装♡最近では可愛く仮装したい女の子も多いですよね。お姫様みたいな仮装に憧れているお子さんも多いのでは?でもそんなすごい仮装作れない!そんなときに大活躍するのがチュールスカートです。ボリュームもあって可愛く、履くだけでハロウィンらしさが出るアイテムです。

持っている人はそのまま履いても良し、持っていない人は簡単に作っちゃいましょう!

チュールスカートの作り方

チュールスカートの作り方準備物

  • チュール生地
  • リボンまたはゴム

チュール生地は100円ショップで売っている水切りネットでも代用ができるので、近くに手芸屋さんがない人でもこれなら手に入ると思います。

①まずチュール生地を5センチ程度の幅で切っていきます。これはお好みの幅でOKです。太ければ太いほどボリュームのあるスカートができます。

②リボン(ゴム)を子どものウエストに合わせて切ります。リボンの場合はくくる分を長めに、ゴムの場合はウエストと丁度か少し短めに切るといい長さになります。切った後は両端をくくっておきましょう。

③リボン(ゴム)にチュールを付けていきます。まずチュールを半分の二つ折りにします。リボン(ゴム)をチュールの上に置きます。ストラップを付ける時のイメージで、輪っかになっている部分に両端を通します。ギュッと引っ張れば、チュールを付けることができます。

これを繰り返せば完成です。
チュールスカートの作り方付ければ付けるほどボリュームのある形になるので、お好みで調節してください。色や素材によって雰囲気もいろいろと変えられるので、作り方を覚えておけばハロウィン以外のイベントや、ハロウィンでもドラキュラ以外の仮装にも使えてとても便利ですよ♪
チュールスカートの作り方帽子と合わせて、ビタミンカラーならポップでキュートな印象に!
チュールスカートの作り方チュール以外にもオーガンジーの生地を使っても、また違った雰囲気に。ふんわりとして可愛い形のスカートぎ出来上がりますよ。
チュールスカートの作り方使わなくなったスカートの上にチュールを付ければ、立派なハロウィン衣装に大変身。透けて見えるリボンがとっても可愛いですね。
チュールスカートの作り方カラフルに作るのも、一色で作るのも可愛いので、どんな風に作ろうかウキウキしてしまうはず。

本格派ならハロウィンメイクにも挑戦!

本格派ならハロウィンメイクにも挑戦!仮装だけじゃなくメイクもして本格的にドラキュラを目指しましょう!目立てること間違いなしですね。普段は絶対できないけれどハロウィンの日は特別に、と聞けば子どもたちのテンションも上がること間違いなし!
本格派ならハロウィンメイクにも挑戦!目の周りを黒く塗って、口元に裂け目を描けばかっこいいドラキュラの完成!基本黒しか使っていないので、アイシャドウやアイライナーなどで簡単にできます。綿棒や指で描いた後のラインをぼかせばよりリアリティのある仕上がりになりますよ。
本格派ならハロウィンメイクにも挑戦!口紅やチークなどをうまく使って血のように見せるメイクも、ハロウィンの定番ですよね。血が怖いというお子さんもいると思うので、ここではあまりリアルな仕上がりは求めない方がいいかもしれません。
本格派ならハロウィンメイクにも挑戦!ワンポイントでメイクするなら大きく派手に描くのがオススメです。ドラキュラだと黒が基調のものが多いので、メイクでポップに子どもらしく描いてあげましょう。
本格派ならハロウィンメイクにも挑戦!顔全体を使ったメイクも、海外などでは当たり前にされているようです。カラフルで可愛いメイクなら、女の子は特に喜びそうですよね。
本格派ならハロウィンメイクにも挑戦!メイクの方法は大人と変わりません。お母さんのメイク道具やフェイスペイントの道具などを使って自由に描いてあげましょう。ただ、子どもの肌は繊細なので、メイク道具に落ちやすいもの、肌に優しいものを使う。下地にベビーオイルを塗っておき落としやすくしておく。

メイクを落とす時もベビーオイルを使うなど、肌への負担が少なくなるように注意してくださいね。
お肌に合わない場合も出やすいと思うので、パッチテストなどしてかぶれないようにしてあげましょう。

まとめ

本格派ならハロウィンメイクにも挑戦!子ども達は、楽しく仮装して大人からお菓子をもらうといういつもとは違うイベントにウキウキしているはず。そんなお子さんと一緒に、衣装作りから楽しんでハロウィンを素敵な思い出にしてくださいね♪

⇩オススメ記事⇩

ハロウィン がいこつハロウィン仮装 子供にオススメの手作りのミイラの衣装の作り方
ハロウィンの季節が近づいてきました。最近ではほとんどの幼稚園・保育園がハロウィンを行事に取り入れていますね。お子さんがいる人は…
ハロウィン 仮装 子供ハロウィン仮装 子供にオススメの手作りのおばけの衣装の作り方
最近では、ハロウィンは子どもから大人まで楽しめる1年に1度のイベントとして広く親しまれるようになりました。お子さんがいるご家庭で…
ディズニー ハロウィン 仮装2016年ディズニーハロウィンにオススメの仮装(コスプレ)をご紹介!
もうすぐディズニー・ハロウィンの季節です。どんな仮装をするか決めていますか?秋のイベントとして定着しつつあるディズニーハロウィ…
スポンサードリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

オススメ記事

More
  • 最近の投稿
  • 人気の記事
  • 最近のコメント
  • コメントの多い記事
  • ピックアップ記事
  • カテゴリ別記事
  • 話題のワード
  • 月別記事